損をしない離婚調停・養育費・慰謝料請求の準備と手続きー経験してみて思うこと

カテゴリ: 離婚のこと

養育費未払い・・・

給与所得者であれば、強制的に手続きがとれるものが

自営業者では打つ手なし

弁護士さんに相談したが、やはり、やりようがなく

様子をみるしかない・・・

未払の額をある程度ためてから動くしかなさそうです



強制執行ができる立場の親権者には

相手方の銀行口座や取引先を楽に教えてくれるサービスを整えてくれたら

泣き寝入りなんてしないですむのに

残念でならないです


相手方は不倫してさっさと再婚して子供を2人つくり幸せに暮らしているなんて

やったものがち、払わないもの勝ちの世の中は

まっとうに生きる母子世帯を苦しめるだけです



子供がいての離婚は本当に厄介です

自分ひとりでお金の心配もなく悠々自適に育児に生活にと
できれば問題ないことではありますが

いやいや
仮にお金の心配がなくても、やはり父親としての義務は果たしてもらいたいです

我が家のように
不倫相手に子供ができて、養育費調停中にさらに不倫相手と2人目をつくり
予定していた養育費を減額させ

自営業をいいことに所得をマイナスになるように青色申告書をだし
年収100万以下の私よりも低い年収0円をたたきだして
養育費0円を声高に言う元夫のような人には正式な金額を支払ってもらいたいものです

裁判官や調停員さんの説得で2万円を月々支払う事をきめたのに
6000円とか9000円しか振り込まなくなって
そのきりの悪い数字をわざわざだして
振り込むあたりが本当に馬鹿にしていると思う

強制徴収するにしても
抑える口座も仕事の取引先もなく

子供をひきとる女性には
一括して養育費を支払うとか担保を用意するとかがないと
無駄な労力と時間を過ごすことが増えるだけです

男を見る目がなかったということに打ちひしがれ、それでも前を向いて
頑張って、目の前にいる子供を全うに育てているのに
それをも嘲笑うように、立ちふさがる、足かせのような子の父親

国が率先して、逃げる父親に対する強制力を母親にもたせてほしいです

打つ手がありません







養育費の不払いに対応するために必要な書類として
送達証明書が必要です

その、送達証明書が本日届きました!

ひとまず、安心しました
相手方住所が転居で不明の可能性が高かったからです

さて送達証明書を手にしても
相手は給与所得者ではないので天引きの手続きができません
まだまだ先は長いです

日本では離婚をすると
母親が子供を引き取り、育てる方が多く
そのなかで養育費を受け取れる母親は2割ほど
つまり、父親の多くが養育費を支払わないで過ごしているようです

そんな現状を伝える記事を読んだときに
ウチは、嫌がらせの情報処理された申告で判定された
希望通りとはいかない養育費でも
支払っていただけているだけ、まだましであり
本当にありがたい・・そう思っていました

しかし、とうとう我が家も支払いが滞って
払われてない母子家庭の8割の中に入ることとなりました

養育費の不払いに対する対応は
会社勤めの給与所得者が相手方であればスムーズですが
我が家の元夫のように、自営業であると苦労します

長丁場をかけて養育費の調停を終えたのに
その回収にまた苦労することとなりました

これからが、また一苦労です・・

でも、子供のためにも頑張らないといけないと思います


離婚では沢山のことを失ったが、沢山のことを得ることにつながる

精神面、これは本当に本当によくなった

寝ているときに、罵声で起こされることはない
食事中にいきなりキレて壁に茶碗や物を投げつけられる恐怖がない
外出の際に周囲に絡むことでの、喧嘩の仲裁に入ることをしなくてよい
最高音量のボリュームでTVや音楽をつけての近所に迷惑をかけなくてよい
玄関のドアにチェーンをかけられて入れなくなることがない
娘のみえるところに大人向けDVDを置かれてることがない
娘と同じ土俵にあがり喧嘩をしだすことがない
お金をもちだされることがない
行動を縛られる言動がない

他にも、色々いろいろ・・・

離婚をしたら
安心して帰宅できて、家に居られて、睡眠がとれて、料理ができて、読書できて
子供と落ち着いて生活できる

精神的に安心を得られたことは、本当に素晴らしい





このページのトップヘ